過去にとらわれず、生きていこう!この先未定だらかチャレンジ!し、学んでいく日々。「パニック障害になってみて」を清算。


by ken238234
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

手紙用に ヘリテイジ91

ここ数ヶ月で買った万年筆が、
ほぼ全て、細字の「F」ニブだった。

日記を書いたり、ノートを取るには、自分にちょうど合っている。

ただ、手紙を書いていたときに、ふと感じた。
手紙には細い。。。

頑張ります。
お願いします。

などの言葉に、どうも細字が自分の感性に合わない。
気持ちと違うのだ。

頑張ります。
お願いします。


と、少し太くなるだけで、印象は大きく違う。
細字は細字で、繊細さが伝わるのでいいと思う。
そういう内容のときには、Fニブである細字を使う。

だが、力強い文を書きたいとき、
そういう気持ちを相手に伝えたいときは、
やはり、それに見合った線の太さというものがある。

たまたま、伯母が何かをプレゼントしてくれると言ってくれた。
一瞬悩んだ。

というのも、その前の日に、一番欲しかった万年筆を自腹で買ったばかりだったから。
だが、数秒後に・・・
「万年筆が欲しい!」
と言っていた。

それが、この「カスタム ヘリテイジ91」
c0032703_22344364.jpg

c0032703_223551.jpg

c0032703_22353267.jpg

(ブラック)FMニブ(14K 5号 ロジウム仕上げ)

池袋東武の伊東屋で買ってもらった。

すこぶる、調子がいい。

自分で近いうちに自腹で買おうと思っていたので、
ホントにありがたいタイミングだった。

自宅に帰って、すぐに、伯母にお礼の手紙をヘリテイジ91で書いた。
伯母以外にも、いろいろとお礼状を書く用事があったので、全てこれで書いた。

今後、そう遠くない日に、私は、ある人の下に、弟子入りする予定。
飲食、福祉と仕事をしてきたが、きっとこの弟子入りが腰を据えた仕事になるだろう。
いや、その覚悟と決心でいる。

そういう、人とのつながりを大切にするのに、このヘリテイジ91はとても心強い。
何の縁か、自分の手元にやってきたヘリテイジ91も、人とのつながりから来たのだから。

万年筆に興味のない人は、きっと、伯母と同じような反応かもしれない。。。

試し書きや、店員といろいろ話していると・・・
「マニアックな世界でわからない・・・」
と言われ、伯母はベンチで休んでいた。
そのあいだ、私と相方は万年筆を楽しんでいた。
ちなみに、母もボールペンでいいじゃん・・・。
とバッサリ。。。。

いやはや、どうやら、マニアックな世界に踏み込んでいるようだ。
にしても、相方も万年筆の良さをわかってくれるのは助かる。




          パニック障害克服!
[PR]
by ken238234 | 2010-03-20 00:49 | 文房具